ABC147 E Balanced Pathでbitset高速化を完全に理解する

本番で通せなかったABC147のE問題『Balanced Path』について、反省していきたいと思います。 問題概要 H*Wのグリッドの各マスに数が2つ書かれている。グリッド上を(0,0)->(H,W)にy+1orx+1で移動するとき、経路上の各マスについて、いずれかを選び、「その合…

Search Engineering Tech Talk 2019 Autumnで検索の話を聞いてきました。

検索についての勉強会であるSearch Engineering Tech Talk 2019 Autumnに参加しました。ハッシュタグは#searchtechjp。 今回のスポンサーはスマートニュース様のイベント用スペースでした。イベント用スペースを持っているなんてすごい。 会場についてびっく…

マクロ経済系ワーカープレイスメント ナショナルエコノミー

ナショナルエコノミーは、1~4人で国を共有しながら、各自の事業を経営するワーカープレイスメントゲームです。プレイヤーは最も多くの勝利点≒貨幣を集めることを目的にします。このゲームの特徴的なところは労働者に賃金を払う必要があるところです。徐々に…

なぜ"Colorful Hats 2"に35分も掛けてしまったのか。

Colorful Hats 2は三井住友信託銀行プログラミングコンテスト2019のE問題です。本番ではこの問題に35分かかったので、振り返りをします。 三井住友信託銀行はどこに競技プログラマ需要があるのでしょうか?気になりますね。 問題概要 a = [A[0:i-1].count(A[…

HACK TO THE FUTURE 2020予選の参加記

2019/11/02に行われたHACK TO THE FUTURE 2020予選に参加しました。 解法はダイクストラ(曲がり回数100ゴールからの距離を負のコスト+4近傍のブロックの個数の2乗-ゴールからのマンハッタン-5)からの不要矢印削除で、最終成績は07:32に提出した4,941,365点…

第22回 Lucene/Solr勉強会 参加レポート

第22回 Lucene/Solr勉強会 #SolrJP @Mercariに参加しました。20分のトーク3本と懇親会中のLT2本の内容でした。内容を紹介します。

コンテストの開き方(ゆるふわ競技プログラミングオンサイト編)

ゆるふわ競技プログラミングオンサイトについて、コンテスト準備の流れを書こうと思います。主にHackerRankでの開催を念頭においています。今後、有志コンテストを開く方の参考になれば幸いです。